キャッシングの増額審査と通常審査の違い

キャッシングの増額審査は通常の審査とは少し違う

カードローンやキャッシングに申し込むと、自動的に審査を受けることになります。それに通ったという通知を受け取ってこそ、本当にお金を借りることが出来るようになるのです。その時の審査は申し込んだ人の属性で合否が決まります。属性が十分に高ければ審査に通りますが、そうでなければ残念ながら通らないのです。そのことは実際に申し込んだ人の体験談をインターネットなどで読めば、一目瞭然で分かることです。
ところでキャッシングなどの審査に通ると、自分に相応しい利用枠が与えられます。ですから一口に審査に通って借り入れが出来るようになったといっても、実際に何円のお金を借りることが出来るのかは、その利用枠次第になります。同じローン商品でも、与えられる利用枠は人によって違います。たとえば限度額が100万円のカードローンでも、100万円借りられる人もいれば10万円しか借りられない人もいるのです。
ところで多くのカードローンやキャッシングでは、増枠申請することも出来ます。しかしそれにも増額審査がありますので、それに通らなければ枠は増やしてもらえません。増額審査に通るために大切なことは、決して属性だけではありません。それ以上に大切なことは、無事故で安全な利用実績です。
たとえ最初は10万円程度の少ない枠しかもらえなくても、無事故で返済を続けて利用実績を積めば、ローン会社からの信用度も向上して、やがては枠を増やしてもらえるようになるのです。この実績こそは、増額審査の大きなポイントなのです。