カードローンの再審査に通るコツ

一度落ちたカードローンの再審査に通るコツ

カードローンの審査に申し込んでも全員が全員、キャッシングサービスを受けられるようになるわけではありません。
もしも、審査に落ちてしまった場合、再審査を受ける前にまず把握しなければいけないのが、なぜ落ちてしまったのかという理由です。
しかし、なぜ落ちてしまったのかという理由は、実際に審査に落ちた方の体験談でもあるように電話で問い合わせを行っても答えてもらえないことがほとんどです。
ただ一般的な理由としては、過去に起こした延滞履歴などの金融事故情報が個人信用情報リストに残っていることが考えられます。
特に大手キャッシング会社の場合は、事故情報を共有していますので心当たりがある場合、他のキャッシング会社のカードローンの申し込みを行っても通らない可能性が高くなります。
もしも、心当たりがなかったとしても個人信用情報機関に情報開示を求めて、自分の借入や返済状況などの記録を確認するとよいでしょう。
そこに問題がない場合は、総量規制に引っかかっている可能性が考えられます。
他からの借入があるような場合、気づかないうちに総量規制の対象となる年収の3分の1以上の金額を借入しているかもしれませんので確認をしましょう。
こうした点を見直したうえで問題を改善し、申請を行うことで再審査に受かる可能性は高くなります。
ただし、前回の申し込み履歴が残っていますので、一度落ちたキャッシング会社に申し込む場合は、半年以上は期間をあけたほうがよいでしょう。